世界基準

 

その国に行けば、

その国の簡単な言葉を使うようになる。

英語が通じる国もあったが、

通じる通じない関係なく、

そうなっていた、

というよりそうしたかった。

 

 

中南米・南米の旅では、

ほとんどがスペイン語圏。

 

大学の頃専攻していたスペイン語がここで活躍するとは思っていなかった。

 

そして、国にもよるが友達になるスピードが日本と比べて格段に早い。

 

ただ通りすがりの人たちが

「Hola amigo!!」

と気さくに話しかけてくれる。

 

ただの旅行者にもそうやって接してくれるのがとても心地よかった。

 

子供に至っては好き勝手やっていた。

 

「俺たち友達だよな?」

 

っていう相互理解は全く気にしていない。

 

自分が友達と思えばすでに友達なんだ。

 

日本では流石にそうはいかないかもしれないが、

そんな心は持っていたい。

 

 

日本に帰国してからそんな話をすると、

「日本もそうなればいいのにね」

とよく耳にする。

 

そうならなければならない理由はないと思う。

 

それが日本の歴史的・文化的背景があるから、

変わる必要もないかもしれない。

 

でも、そういう距離感を求めている人がいることはわかった。

 

そして、それを変える方法は、

まず自分がそうなることだ。

求めている欲しいものは、まず人にあげてから。

人に話しかけることにはお金はかからない。

 

そういった人との関係ができれば、

自分から命を絶つなんてありえないのかもしれない。

 

 

World Gift 1st「世界基準

Follow da80207:

Latest posts from

Leave a Reply