一年に一つ死ぬまで忘れられない思い出を。

 

 

 

 

ちっちゃい頃の思い出って、

 

ほんましょうもないことでも強烈に覚えてたな〜

 

 

大好きなこと隣の席になったり、

家の前で雪だるま作ったり、

試合に負けたり、

先生が言ったセリフがおもろすぎたり、

 

 

 

なんでこんなに鮮明に覚えてるんやろ?

 

 

ほんで、いつから思い出の印象が弱くなっていくんやろ?

 

 

 

 

 

 

 

小学校からサッカーを始めて、

 

大学までなんとかサッカーを続けれてたんやけど、

 

 

サッカーをやってた時のことって、

 

1年1年なにがあったか鮮明に覚えてたんよな。

 

 

あの時、あんな試合できたよな、

あの時、怖い先輩いたな、

合宿中って、監督めっさ怖いやん、

なんで、ちょっとミスしただけでなんで永遠走らされてん、

そういや、かわいい後輩もいたな、

 

とかとかとか、、、

 

 

 

 

 

小さい時の思い出が鮮明なのは、

 

「人生で初めての体験」

 

が多かったからやと思うねん。

 

 

 

年を重ねる度に経験値が増えていくけど、感動は薄れてしまうのかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

そっから東京で働き出した時に、

 

なんか刺激が足りないような気がして、

 

「毎年の思い出残せていけるんかな?」

 

って不安に駆られた瞬間があってん。

 

 

 

 

その時、

 

「一年に一個でいいから一生忘れられない思い出を作ろう!」

 

って思ってん。

 

 

 

 

「年を重ねる度に経験値が増えていくけど、感動は薄れてしまうのかもしれない」

 

って観点もあるやろうけど、、、

 

「世界のサイズを自分で決めてしまってる」

 

って側面もあると思ったんよな。

 

 

 

 

そんな時は、環境をガラッと変える必要がある。

 

それが一番効果的な対処やと思ってる。

 

 

 

 

 

 

 

丁度、そんなタイミングで富士登山に行けたから、

 

それが、2012年の一生忘れられない思い出になった。

 

 

 

 

色々理由はあったけど、

 

その富士登山が引き金になって会社をやめることになったんよな。

 

 

 

 

そっからは、

 

 

2013年 自転車日本一周

 

 

 

2014~15年 オーストラリアワーホリ

 

 

 

2015~16年 世界一周

 

 

 

2017年 PCT4265km踏破

 

 

 

2018年AT3500km踏破

 

 

 

 

 

気がつけば20代も最後の年になってる。

 

でも、ここまでの自分の人生はすごい豊かで色鮮やかやったと思う。

 

「一生で忘れられない思い出」

 

言い換えれば、

 

「一年で一個でいいからやったことないことに挑戦してみる」

 

ことなのかもしらん。

 

 

 

 

それが、人生をより豊かに鮮やかにさせてくれるんやと思いたい。

 

 

 

 

 

 

前振り長なったけど、

 

来年2019年の一生忘れられない思い出作りは、

 

 

Continental Divide Trail 約5000km

 

 

歩くことに関しては同じ方法やけど、

 

自然環境、

トレイルの難易度、

は今まで歩いた2本より断然厳しいらしい。

 

まだ行ってないから知らんけど、、、笑

 

 

 

道は全部繋がってなくて、

自分で選んでいくハイキングになるらしい。

 

聞いた話やけど、、、笑

 

 

要するに未知の世界。

 

 

ネットで調べる限りやけど、、、

 

 

景色が抜群にいいらしい。

 

 

 

 

 

 

写真見るだけで早くスタート地点に立ちたい。

 

って思ってる自分がいる。

 

 

Continental Divide Trailの詳細はまた今度詳しく書こうと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ってことで、

 

2019年も懲りずに歩きに行こうと思います。笑

 

 

 

 

この旅が無事終えれたら、

 

長期の旅は一旦終わろうかなって思ってます。

 

 

 

 

まぁどうなるかわからんけど。笑

 

 

 

次の出発は4月or5月or6月です。

 

 

 

 

 

 

Leave a Reply