地球のかけら

 

 

 

去年に10月末に帰国し

 

今年3月から7年ぶりの一人暮らしを始めた

 

 

 

一人の場所が欲しいと思い立ったというよりは

 

次の旅が見つからないからといったほうが正しいのかもしれない

 

 

 

 

 

 

 

 

自転車に生活の全てを乗せて日本全国を回った

風の中を走る毎日が楽しくて仕方なかった

北海道で丘の上からエゾジカが僕を見ていた

東日本大震災の爪痕をこの目に焼き付けた

青森のねぶた祭りに熱狂した

小笠原で鯨やイルカを見た

そしてたくさんの友達ができた

英語とを金を手に入れるためにオーストラリアに渡った

そこでレモンと戯れる半年間を過ごした

知らない世界を見てみたいと思い

カバンに荷物を詰め込んで9ヶ月間の旅に出た

イエローナイフで空に揺らめくオーロラを見た

シアトルの路上でマリファナを数人たちを見た

ハバナのボロボロのパブでおじいさんと一日中酒を飲んだ

6088mワイナポトシを友人と一緒に登った

コチャバンバで親のいない子供たちと毎日サッカーをした

ミランドポリスで農業を手伝って日本食を食べた

リスボンからひたすら北を目指しサンティアゴデコンポステーラまで歩いた

メルズーガからラクダに乗り360度広がる砂漠の中で寝た

アメリカに出向き3年間で12500kmを歩いた

数え切れないほどの動物たちと出会った

人間と出会わない大自然に身を置いた

ブラックベアの親子に出会った

ネイティブインディアンのアパッチ族のクレージーウルフからセージをもらった

テントの中から天の川を何度も見上げた

とめどなく流れるいくつもの流れ星を数えた

毎回違う朝日と夕日に感動した

 

 

 

そして

数え切れないほど笑い

数え切れないほど苦しい思いをし

少しだけ泣いた

 

 

 

 

 

 

僕が物心ついた時にこんな未来を想像していなかっただろう

 

 

人生とはそういうものかもしれない

 

 

予定通りいってしまうことはそこまで面白くない

 

 

予定は立てた時点で意味などないのかもしれない

 

 

 

そんな偶然に身を任せて生きて行きたくない

 

という人がいるかもしれない

 

 

だが思い返して欲しい

 

今の自分が思い通りの人生を送っているだろうか?

 

 

 

 

 

人生とは偶然に起こる全てのことが必然に見えているだけかもしれない

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、僕が見てきた世界は

無限に点在するパズルの1ピースにすぎない

 

 

人一人の一生ではそのピースは集めることはできないかもしれないが

 

できるだけおおくのピースを集めて生きて行きたい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さぁそろそろ時間だ

フォトブック販売してます。

タイトル:World Gift

ページ数:64ページ

サイズ :A6

価 格 :おまかせ!!(次の旅の資金にさせてもらいます。)

Word Gift 購入ページへ!

Follow da80207:

Latest posts from

Leave a Reply