お一人様2匹です

 

 

 

10月24日

 

 

 

どうしよかな〜

 

金華山いくか〜〜?

 

いや、いってもめっちゃ急いでまわらな船間に合わへんしな

 

それに船の料金も結構するやん

 

 

 

ん〜〜〜〜

ん〜〜〜〜

 

 

他のハイカーこのセクションどうしてるんやろな??

 

 

 

 

 

 

宮城県牡鹿半島の先端

鮎川浜のフェリーターミナルで

フェリーの運行スケジュールの張り紙を見つめ腕組みをしていた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロングトレイルと聞けば

全て歩いて移動するイメージを持つ人がほとんどだろう

 

だが、みちのく潮風トレイルには

フェリーで島を繋ぐセクション2ヶ所がある

 

 

 

鮎川浜〜石巻セクション

奥松島〜塩釜セクション

 

 

 

 

歩けるだけ歩けば良いや

 

と気楽に歩いているハイカーからすると

フェリーの運行ダイヤを意識して歩かなければならない

 

 

 

これが結構面倒な訳だ

 

特に鮎川浜〜石巻はかなり悩まされる

 

 

トレイルが通っている島は全部で3つ

金華山

綱地島

田代島

 

 

 

 

 

ダイヤはこうだ

 

鮎川浜〜金華山

10:30鮎川浜発→10:50金華山着

12:30金華山発→12:50鮎川浜着

(日曜日のみ運行 /2500円)

(平日完全予約 /3000円)※5名に満たない場合は相乗りorチャーター

 

鮎川浜〜綱地島

7:20鮎川浜発→7:30綱地島着

10:30鮎川浜発→10:41綱地島着

14:35鮎川浜発→14:51綱地島着

16:51鮎川浜発→16:59綱地島着

綱地島〜田代島

7:45綱地島発→7:55田代島着

13:45綱地島発→13:55田代島着

15:21綱地島発→15:30田代島着

17:09綱地島発→17:28田代島着

田代島〜石巻中央

8:02田代島発→8:42石巻中央着

14:02田代島発→14:40石巻中央着

15:35田代島発→16:27石巻中央着

(鮎川浜〜石巻 中央 /1940円)

 

 

このダイヤに加えて

それぞれの島を歩く時間も考慮しなければならない

 

金華山 5km(約1.5時間)

綱地島 7km (約2時間)

田代島 5km (約1時間)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現在の時刻9:55

 

そして今日は土曜日

 

 

 

金華山行きのチャーターする以外方法がない

 

1日待てば明日は日曜日

 

金華山行きの船は出ている

 

ただ、そうなると明日は金華山から帰ってきた後

 

石巻中央までたどり着くダイヤはなくなっている

 

 

 

 

2日かけて金華山を歩きに行くのか?

 

それとも金華山を諦めて

10:30 のフェリーで綱地島へ向かうか

 

この2択だ

 

 

 

 

 

 

 

こんな選択はロングトレイル中めったに起こらない

 

「僕はスルーハイクがしたいのか?」

「スルーハイクにこだわる必要はあるのか?」

「そもそもスルーハイクってなんだ?」

「金華山に行きたいのか?」

 

 

そんな考えがぐるぐると巡り始める

 

 

そして金華山のルートは5km

山頂の大海祇神社(標高443m)まで登って降りてこなけらばならない

フェリーの滞在時間は1時間40分

おそらくフェリーターミナルに荷物を置いて

トレランのように走って帰ってこなければならない

 

 

金華山の運行ダイヤはハイカーの存在は考慮されていない

 

そりゃそうだ

 

 

 

 

 

 

 

時刻は刻一刻と過ぎていく

 

10:30のフェリーに乗れなかった時点で

今日中に石巻には到着できない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「金華山もういいかな」

 

 

 

 

 

今後このセクションを歩くハイカーの大半はこうなる気がする

彼らは僕の気持ちをわかってくれるだろうか

 

 

 

 

 

自分で決めたんだ

なんの後悔もない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

定刻10:30

綱地島行きのフェリー「シーキャット」が鮎川浜を出航した

 

 

 

 

 

 

綱地島南側の長渡港に船がつき

数名の乗客が降りていった

僕以外バックパックを背負う人はいない

 

みな地元の人なのだろう

 

 

 

島の人口は300人程度

長渡と綱地の2つの集落をつなぐ

県道214号が島の真ん中に通っている

 

三陸復興国立公園に指定され、砂浜の海水浴場がありマリンレジャーが盛んなことから「東北のハワイ」とも呼ばれる”

 

とウィキペディアに書いてあった

 

 

 

 

 

 

 

 

1時間半もあれば着いてしまうだろう

 

 

 

 

ひたすら214号線を歩く

 

道路の両脇は草木に覆われ

ところどころ松の木が見え

左側には電線が道路に沿って続いている

 

動いているものといえば

道路を横切った黒猫が一匹いたぐらいだ

 

人はもちろん車も通らない

 

そんなどこまでも同じ景色が続く道を

トレッキングポールをくるくると回しながら

僕はRickie-Gの「AM8:59」を熱唱しながら歩いている

 

 

 

 

「一体何をしているんだろう?」

 

 

 

”歩いて来た道

ぼちぼち引き返してみて

同じ歩幅で一歩一歩振り返ってみる”

 

 

 

歌い出しの歌詞がその感情を際立たせている

 

 

長い距離を歩いて旅をしていると

たまにそんな事を思ってしまう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気がつけば北の集落・綱地の船着場に着いていた

 

 

「後1時間ぐらい船はこないからお昼にしよかな」

 

 

自販機でコーラを買い

小さな待合室で真空パックのハンバーグをかじる

 

待合室の外には

釣り人が一人と

一匹のねこが日向ぼっこをしている

 

 

「食べ終わったら猫に遊んでもらおう」

 

 

 

2つ目のハンバーグを食べ終え

待合室の扉を開けると

猫がこちらを向いた

 

「にげるかな〜」

 

と思い近づいてみたが

向こうから近寄ってきてくれた

人馴れしているんなだろうな

 

 

僕の経験でしかないが

猫が日向ぼっこができる場所は治安がよく

犬が徘徊している場所は治安が悪く

猿がゴミを漁っている場所はカオスだ

 

 

 

 

「おまえずいぶんまん丸太ってるね。いっぱい魚もらってるんか?」

 

 

僕は一人言葉を変え表情を変え

猫様のご機嫌を取ろうと試みる

 

 

猫様は表情一つ変えずにただ転がっている

 

 

これだから猫は、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きゃわいい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かわいい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

13:40

 

そうこうしていると船着場に「シーキャット」がやってきた

 

 

荷物を持って船着場に向かう途中

振り返って猫様見てみると

ちゃっかりと釣り人に愛想を振りまいている

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鮎川浜〜石巻までを運行しているフェリーは

数艇の「シーキャット」

一艇の「マーメイド」

 

 

 

 

シーキャットとは

イギリスで開発されたミサイル

アメリカ海軍の潜水艦

の名前になっているが

 

 

今回は違う、、、なぜなら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次に向かう田代島は

 

 

 

 

ねこの島なのだ!!!!!!!!なのだ!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前振りが長くなってしまったが

僕が金華山を諦めた最大の理由は

田代島の猫様に早く会いたかったからだ

 

 

 

 

 

 

島で暮らす人口は60人程度

それに比べ猫の数は130匹を越える

 

一人につき猫様2匹の計算になる

 

 

とはいえ

そんな猫様は飼い猫ではなく

飼い猫と野良猫の間の「地域猫」という扱いになっているらしい

 

 

 

 

 

 

 

田代島のセクションは

島をぐるっと回るようにルートが設定されている

 

距離は5km

フェリー出航までの時間は1時間半

 

ルート通り歩けばちょうどいい距離だ

 

 

 

 

さぁどんな猫様たちが僕を迎えてくれるのだろう

 

「まさか島一周猫様に先導されながらハイキングができたりするのか?」

 

そんな妄想を膨らませて猫の楽園・田代島の二斗田港に降り立った

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

港から集落に向かうまでの数十m歩いたただけでも

 

数匹の猫様が確認できる

 

 

これは期待できそうだ!!!!

 

 

 

 

 

道が二手に分かれている

海沿いに続く道と

集落の中を通る道

 

その道の分岐にある掲示板に

島の地図や猫様への注意事項などが示されている

 

 

 

注目するべきは掲示板の上の表示だ

 

← 多い   ネコ   少ない→

 

 

 

集落の中を通れば遭遇率が高いということだな

 

トレイルのルートも集落を通っている

 

 

 

 

迷わず左のルートへ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はぁ〜〜〜

 

めちゃめちゃいてるや〜〜〜ん

 

あっちにも

 

こっちにも

 

 

店先にも

 

道路の真ん中にも

 

 

みんな日向ぼっこしてる〜〜〜〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やばい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全く進めない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5kmの道を1時間半で歩くとなると

そんなにゆっくりしてられない

 

 

 

そうとはわかっていても

動けなくするのが猫様の能力だ

 

 

一匹の猫についてき

気がつけば僕はカフェの前にいた

 

店内にお客さんはいない

スタッフ一人と

5匹の猫様と

 

 

 

 

 

 

いかんいかん!!

 

このままだと船に乗り遅れてしまう

 

次の船が最終便だ

 

 

乗り遅れてしまったら

 

ここで野宿になってしまう、、、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ありじゃないか

 

 

 

という選択肢をもちつつ

船の料金も支払っているので

先に進むことにした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すると

また道が二手に分かれている

 

みちのくのルートは左

観光客らしき人たちはみな直進していく

 

 

 

また掲示板だ

 

 

 

 

なになに?

 

「この先、ニャンコ共和国」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ニャンコ、、、共和国?!?!?!

 

 

ニャンだと!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ルートは左

共和国は直進

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まさる。直進

 

 

 

 

 

 

もうみちのくのルートなんてどうでもいい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ニャンコ共和国に近づくにつれ

にゃんこが増えてきている気がする

 

 

ニャンコ共和国とは「島の駅」とされていて

お土産を買ったりや食事することができる

いわゆる道の駅のような存在なのだ

 

 

 

 

 

道の先に共和国の入り口らしき場所が見えた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はぁ〜〜〜〜〜ん

 

にゃんこだらけや〜〜〜〜ん

 

まさに猫の楽園

 

ここにあったのか楽園が

 

 

 

 

 

 

 

 

軽トラの上で日向ぼっこ

 

ピクニックテーブルで日向ぼっこ

 

あっちでは猫じゃらしで遊んでもらっている

 

向こうには子猫が体を寄せ合っている

 

 

 

本当に数え切れない数のにゃんこが集まっている

 

何十匹いたのかわからない

 

嘘だと思う人はぜひ行ってみてほしい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はぁ〜〜〜〜

 

 

この島から出れる気がしない

 

 

 

 

 

歩く気がみるみるなくなってくる

 

 

 

スマホのライブラリは

みるみるにゃんこの画像で埋め尽くされてしまった

 

 

 

 

 

 

 

 

島の駅の従業員は

にゃんこのマスクに

にゃんこのエプロンをつけた

おじさまが

 

3匹のねこを抱きかかえ

 

一匹一匹名前を呼んでいる

 

 

 

 

 

もしやここのにゃんこすべてに名前が付いているのか

 

あるいみカオスだ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そもそもなぜこんなに猫がいるのかというと

 

田代島で養蚕が盛んだった頃

カイコの天敵であるネズミの駆除を目的として猫が飼われていたらしい

それが始まりだそうだ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

15:05

 

 

出航まで30分

 

 

 

 

後ろ髪を引かれる思いで

まさるはにゃんこ共和国をあとにした

 

 

なんども

 

なんども振り返り

 

にゃんども

 

なんども

 

 

 

にゃんこたちは見向きもしない

 

 

 

 

 

 

 

見向きもしない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

?!?!?!?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うそ〜〜ん!!

ついてくるや〜〜〜〜ん!!

 

 

 

もうメロメロだ

 

 

 

だめだ

 

 

 

 

 

僕は猫が好きだ

 

 

 

 

 

 

 

「旅のお供するにゃ」

 

と言わんばかりに

僕の後ろをついてくるではないか

 

 

 

 

 

ごめんよ

 

連れてはいけないんだよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と心の中で返事しつつ

 

港に着くまでの間は

 

にゃんこと旅をしている気にさせてもらおう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

15:35

 

石巻中央に向かう「マーメイド」に乗り込み

田代島を後にした

 

 

船内でこれでもかというぐらい

インスタグラムのストーリーズににゃんこの写真をあげて

田代島に別れを告げた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんで最後の船「シーキャット」じゃなかったんやろ

 

 

 

 

 

 

 

 

次回 みちのく潮風トレイル Episode6

タイトル「         」

お楽しみください!

 

フォトブック販売してます。

タイトル:World Gift

ページ数:64ページ

サイズ :A6

価 格 :おまかせ!!(次の旅の資金にさせてもらいます。)

Word Gift 購入ページへ!

Follow da80207:

Latest posts from

Leave a Reply